建設業界は今がアツイ!

晴れ晴れしく決定した2020年オリンピックはまだまだ先の事であると考えられてきましたが、気が付けばすっかり目前に迫ってきており街中は来る2020年オリンピックに向けて急ピッチで準備が行われています。

70bfe00813f56016c9ffa52eaac93baa_s


前回のオリンピックで活躍し、その後もあらゆるイベントで活用されてきた国立競技場が取り壊され新たなる国立競技場も建設されていますが、そうした2020年オリンピックを意識した街づくりで活躍しているので建設業界です。

国立競技場などの2020年オリンピックで使用する施設や選手村を手掛けるのはもちろんですが、2020年オリンピックを一つの節目として東京や日本全国が新たなる一ページを歩み始めるという様子になっているので、オリンピック以外の事柄に関しても建設ラッシュが続いておりまさに建設バブルが巻き起こっています。

そのような建設バブルが起こっているのは2020年オリンピックを節目として日本が新しい一ページを歩み始めるという事に加え、これまで活躍してきた従来の建物が老朽化などにより建て替えの時期を迎えている事も関係があります。

都心部は既に最新式の高層ビルが増えていますが、地方では高度経済成長期に建てられた建物で成り立っている事例が多いので2020年オリンピックと時を同じくして建設ラッシュが続いていきます。